夏至は一年で太陽の光を最もたくさん浴びれる特別な日

こんにちは。

日本橋中州の雑貨屋「zakka shop Green(雑貨ショップ グリーン)」です。

 

最近、日が落ちるのが遅くなってきましたね。

18時を過ぎても外が明るく「夏至」に向けて、少しずつ日が長くなっているのを感じます。

 

北半球では「夏至」は、昼が最も長く、夜が最も短い日です。

今年は、6月21日。日本での日の入り時刻は、19時です。

北欧の特定の地域では、暗くならないまま日の出が始まるため、遅くまで戸外で「夏至」を祝う文化もあるそうです。

参考:https://hokuo-guide.com/scandinavian-midnightsun.html

 

 

職場や学校の行き帰りも、外が明るいと気持ち良いですね。その分、紫外線には十分な対策を忘れずに。

 

夏至を過ぎると、また少しずつ日が短くなっていきます。

あっという間に過ぎていく夏も、皆様が、紫外線を気にせずたくさん思い出を作れるよう、当店では日焼け止めをご用意してお待ちしておりますので、ぜひご来店ください。